スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

飛蚊症とは

飛蚊症(Muscae volitant、ブルーフィールド内視現象

黒い糸や虫のようなものが浮いて見える状態のことです。眼球の大部分を占める硝子体は、水分を含んだ無色透明なゼリー状のたんぱく質(コラーゲン繊維)ヒアルロン酸でできており、眼球の形を保つために役立ちます。
硝子体に混濁を生じ、影となって見えるのが飛蚊症の原因です。外傷後・網膜剥離・網膜裂孔・目の炎症・硝子体出血後などに飛蚊症が起こる場合は病的な飛蚊症ですが、加齢から生じる飛蚊症は生理的な飛蚊症です。
生理的な飛蚊症は経過観察とされることが一般的です。

ですが、患者の意志によりこれらの飛蚊症とよばれる症状を自発的に治療するためにできることがあります。
ここではそれらの方法をわかりやすくまとめていきます。


飛蚊症の実際の映像



視線の動きにあわせてゴミのようなものが追従してきます。
これが飛蚊症です。
厳密な意味で「飛蚊症が全く無い人」は存在しません。
眼球の中の硝子体は必ずどこか不透明でない部分が生じるものです。
「自分で認識できるレベルの飛蚊症が存在している人」という意味では
30歳くらいになれば大概の人が当てはまるようです。



ブログTOPへ戻る









DMMmobile













スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
記事一覧
はじめに
飛蚊症を治療する方法一覧
飛蚊症レーザー治療を受ける
  ┠YAGレーザー治療の説明
  ┠品川クリニックで予約する
  ┃┠治療を受ける条件について
  ┃┠実際に治療を受ける
  ┃┠治療後のアフターケア
  ┃┗治療を受けたブログ主の感想
  ┠松原クリニックで治療を受ける
  ┗海外でレーザー治療を受ける
飛蚊症内服治療を受ける
硝子体手術による飛蚊症治療
手軽にできる飛蚊症の予防方法
  ┠眼を酸化させるブルーライトとは?
  ┗眼の為のサプリメント
眼に関する豆知識
  ┠ブラウザの背景色を変える
  ┠効き眼ってなに?
  ┗眼が疲れたら?

レーザー治療の費用を抑える
台湾でレーザー治療を受ける
  ┠台湾の眼科クリニック情報
  ┠パスポートを取得する
  ┠最安値の旅行プランを考える
  ┠通訳を雇う
  ┗現地での交通手段

飛蚊症治療法開発の為の署名



スポンサーページ
スポンサーページ2
スポンサーページ3
飛蚊症関連サイト一覧
スポンサーリンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。