スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポートを取得する

海外へ行くにはまずパスポートを取得する必要があります。
取得方法は以下になります。

①パスポートを申請するために必要な書類を揃える。
 1.一般航空券発給申請書 1通   (役所やパスポートセンターでもらえます)
 2.戸籍謄本または、戸籍抄本 1通 (役所でもらえます)
 3.住民票の写し 1通         (役所でもらえます)
 4.身分証明書 1通         
 5.写真 1枚(タテ45mm、ヨコ35mmの大きさ(ふちナシ)で、 頭部の上の余白が2~6mm以内、 頭部からアゴまでが     32~36mm以内の写真。)

②必要書類の提出
必要な書類をそろえたら、パスポート申請窓口に書類を提出します。提出先は、住民登録している都道府県や、就学先、単身赴任先の都道府県のパスポートセンターで申請することができます。
パスポート申請先都道府県ホームページへのリンク(外務省)

③パスポートを受け取る
申請から約6~7日(土日祝日除く)後に、パスポートの受け取りが可能になります。
<パスポートの受け取りに必要なもの>
1.申請のときに渡された受領書(パスポート引換書)
2.手数料
有効期間5年のパスポートの場合 … 収入印紙4,000円(12才未満)or9,000円(12才以上) + 収入証紙2,000円

有効期間10年のパスポートの場合 … 収入印紙14,000円(20才以上) + 収入証紙2,000円
(※収入印紙は国に収める手数料で、収入証紙は都道府県に納める手数料です。)

なお、パスポートは必ず申請者本人が受け取る必要があり、代理人などによる受け取りは認められていません。

また、90日以上の滞在、観光目的以外の場合にはビザの申請が必要になります。
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

Secret

記事一覧
はじめに
飛蚊症を治療する方法一覧
飛蚊症レーザー治療を受ける
  ┠YAGレーザー治療の説明
  ┠品川クリニックで予約する
  ┃┠治療を受ける条件について
  ┃┠実際に治療を受ける
  ┃┠治療後のアフターケア
  ┃┗治療を受けたブログ主の感想
  ┠松原クリニックで治療を受ける
  ┗海外でレーザー治療を受ける
飛蚊症内服治療を受ける
硝子体手術による飛蚊症治療
手軽にできる飛蚊症の予防方法
  ┠眼を酸化させるブルーライトとは?
  ┗眼の為のサプリメント
眼に関する豆知識
  ┠ブラウザの背景色を変える
  ┠効き眼ってなに?
  ┗眼が疲れたら?

レーザー治療の費用を抑える
台湾でレーザー治療を受ける
  ┠台湾の眼科クリニック情報
  ┠パスポートを取得する
  ┠最安値の旅行プランを考える
  ┠通訳を雇う
  ┗現地での交通手段

飛蚊症治療法開発の為の署名



スポンサーページ
スポンサーページ2
スポンサーページ3
飛蚊症関連サイト一覧
スポンサーリンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。