スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外でレーザー治療を受ける

日本以外でレーザー治療を行っている病院を紹介させて頂きます
おそらくここに載っている所以外でも治療を行っている病院はあると思います


アメリカ
Drカリコフ(ヴァージニア)Drゲーラー(フロリダ)Drジョンソン(カリフォルニア)

台湾
蔡武甫眼科診所台北新世紀診所

イギリス
Mr C Steven BaileyBrendan Moriarty Dr. Larry Benjamin

フランス
Dr Mehel

mixiコミュから情報頂きました。
現実的なラインで治療に伺うとすれば、台湾かアメリカになるのでしょうか。

海外で治療を受けるメリット


■レーザーを打てる回数
日本の品川近視クリニックさんでは1回の治療で片眼だけ、その眼にもう一度レーザーを当てるには1ヶ月の時間を置く必要があります。
ですがアメリカや台湾の病院などでは1日~数日の時間置けば再照射してくださいます。

■医師の方の経験値
導入されて間もないので、これは仕方がありません。
やはり現状まだアメリカ等で長年治療をしてこられた先生方のほうが、レーザー機器についての知識や、小さい飛蚊を見つけるスキルなどが高いのではないかと思われます。(これは主の主観によるものですので、実際の先生方の治療の内容についてはわかりません)

■治療費の面
複数回レーザーを照射する場合、台湾の病院で行ったほうが安くなる場合があります。

台湾の蔡武甫眼科診所ですと、治療費が初回3800元(約1万円程)2回目以降400元
日本の品川近視クリニックさんが初回15万円(2014年2月以降)ということを考えると、もしかしたら台湾で治療を受けるほうが安くすむかもしれませんね。→台湾でのレーザー治療(mixi)


>>Drジョンソン(カリフォルニア)…最初2回は1850$ それ以降400$
この病院での飛蚊症レーザー治療の様子がYOUTUBEにあがっています。
飛蚊症レーザー治療 Part1〜体験編〜  → Part2Part3Part4
参考にして頂ければと思います。


>>蔡武甫眼科診所…片眼3800元 両目6800元 検査費200元 2回目以降片眼400元
住所…新北市板橋區府中路24號2樓
メールアドレス…service@tsaiclinic.com.tw
電話…(02)2969-1234

こちらの治療を受ける際に同行した通訳さんがその時の詳しい記事を書いてくださっています。→気ままの通訳の台湾語り
こちらではレーザーを毎日照射するのも可能だそうです。
安全面に関してはわたしはわかりませんが、アメリカABI研究所から認められた証明書(世界で数あるトップに認められた証)などが飾られている写真がありました。

諸費用一例

○諸費用(台湾元での支払いはそのまま記載)
--------------------------------
航空券(往復)38000円程度
ホテル(6泊)25000円程度
治療費(4回)8800元
通訳費(半日×4)12800元
その他諸費用
---------------------------------

>>台北新世紀診所 …片眼6000元一律
Dr.Chan-Lon Tsai
住所…105台北市復興北路213號
メールアドレス…service@ehospital.com.tw
電話番号・国際電話…886-2-2717-0282
この病院での詳しい治療内容、予約の方法などはこちらのmixiコミュに書いてくださっています。→台湾でのレーザー治療(mixi)

諸費用一例

諸費用(うえおの場合)
--------------------------------------------
治療費:3~5セッションを予測して 11泊で準備。
両目 12000元×3~5 ¥180000~\200000用意。
渡航費:\58000
宿泊費:1泊3800元×11泊 41800元 \130000
通訳:4000元×9 36000元 \108000
滞在中の食事代、必需品類、パスポート発行費用等。
トータル\500000くらい。
予算を安くする工夫をあまり行っていないので
旅行代理店を利用する、もっと安いホテルを探す、等で
費用を抑える事が可能です。
通訳依頼も土曜分を計算してしまったので…
--------------------------------------------
(うえお様の記事をお借りします。)
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

Secret

No title

台湾で2ヶ所とも体験しました。
新世紀は3年前のオープン直後ぐらいに通訳さんを連れて行きましたが、最新機器を使用しており、クリニックは新しくきれいでした。でも翌日の再診のときに、いきなり美人の受付嬢がお休みしてしまい、院長が受付事務をしていたり、スタッフに恵まれてないなぁと思いました。院長は真面目で清潔感がありました。
一方新北市の蔡武甫院長の腕は、大学病院時代から長年飛蚊症のレーザー治療をされていますから、長年使用していると思われる旧式のレーザー機器で治療したにも関わらず、飛蚊にレーザーを当てて焼く能力は、新世紀の院長と比べても大変高く、老眼気味なのですが腕は良いと思いました。(今は新世紀の院長も上達しているかもしれませんが)
でも蔡武蔡院長のクリニックは、新北市の場末の小汚ないビルに入居している古いクリニックですし、土曜日の午前中は地元の人も押し掛けて、待合室が込みますし、土曜日は銀行が休みなので日本円から台湾元に両替も出来ないので、平日がお勧めです。なお予約不要です。
私は3年前に行きましたが、1年で3度も行ったせいか、値段をディスカウントしてくれたこともあります。
輝かしい経歴のわりには、堅実な人柄で儲け主義ではないドクターです。
またスタッフも責任感がありました。彼女らは英語もある程度通じましたし(当時の看護師は可愛いフィリピン人?の女の子)、院長も英語は堪能で、右左上下ぐらいの簡単な日本語は話せますので、新世紀で一度飛蚊症の雷射(レーザー)を体験していたこともあり、通訳無しで行きました。
まだ飛蚊は完全に消えた訳でもないですが、飛蚊も時間の経過と共に相当薄くなったし、別の大きな病気を発症したので、そっちの治療に専念しており、もう行くことは無いと思います。ちなみに名医と言われている蔡院長は60代でちょっとダンディで、結構カリスマ性がありました。
なお治療費は安いので、会計のときにルティンのサプリメントを買うのが御約束になっていますが、これは台湾人にはかなり不評のようです。でも日本のルティンのサプリメントと値段も大差ないし良質なものなので、買っても損ではないです。
記事一覧
はじめに
飛蚊症を治療する方法一覧
飛蚊症レーザー治療を受ける
  ┠YAGレーザー治療の説明
  ┠品川クリニックで予約する
  ┃┠治療を受ける条件について
  ┃┠実際に治療を受ける
  ┃┠治療後のアフターケア
  ┃┗治療を受けたブログ主の感想
  ┠松原クリニックで治療を受ける
  ┗海外でレーザー治療を受ける
飛蚊症内服治療を受ける
硝子体手術による飛蚊症治療
手軽にできる飛蚊症の予防方法
  ┠眼を酸化させるブルーライトとは?
  ┗眼の為のサプリメント
眼に関する豆知識
  ┠ブラウザの背景色を変える
  ┠効き眼ってなに?
  ┗眼が疲れたら?

レーザー治療の費用を抑える
台湾でレーザー治療を受ける
  ┠台湾の眼科クリニック情報
  ┠パスポートを取得する
  ┠最安値の旅行プランを考える
  ┠通訳を雇う
  ┗現地での交通手段

飛蚊症治療法開発の為の署名



スポンサーページ
スポンサーページ2
スポンサーページ3
飛蚊症関連サイト一覧
スポンサーリンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。