スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子体手術による飛蚊症治療

硝子体を手術によって除去することにより、飛蚊症を消失させることができます。
硝子体手術(FOV)は、眼球に複数の小さい穴をあけ、特殊な器具を用いて眼球内の硝子体の一部または全部を切除・吸引する手術です。
合併症として、白内障・網膜剥離の誘発や、失明にいたる可能性のある眼内炎などのリスクが考えられます。
実際に海外では、飛蚊症を軽減させることを目的とした硝子体手術が行われている国もあります。
しかし日本では、網膜剥離糖尿病網膜症硝子体出血黄斑前膜・黄斑円孔などの眼科的疾患の治療としての硝子体手術は日常的に行われていますが、飛蚊症を軽減させる目的のみでの硝子体手術は、リスクが高すぎると考えられているため、行われる施設はほとんどありません。


※グロ注意(´・ω・`) 飛蚊を除去する硝子体手術(FOV)の手術動画です。

関連mixiトピック
硝子体手術(レーザー以外の飛蚊症手術)

↑のトピックで紹介されている飛蚊症のために硝子体手術をしてくださる病院を列挙しておきます。

横浜相鉄ビル眼科医院 鄭医師(神奈川)
(リスクを理解して尚かつ受けられたい方とHomePageに書いています。3人硝子体手術を断られた方を知っています。リスクについては自分で調べ、ある程度決断してから相談された方がいいかもしれません。)


フタバ眼科(兵庫県)
(生活に支障をきたす程の超重症飛蚊症の場合しか硝子体手術をしてくれないそうです。僕とOKOMさんはこちらに一緒に話を聞きに行き、私Takuroh個人の感想としては、飛蚊症治療の為の硝子体手術に対してあまり協力的なイメージを持っていません。)


岡眼科クリニック (福岡県飯塚市)
(2012年9月に直接話を聞きに行きました。リスクを理解した上で、それでも、手術を求めるなら手術してくれます。超音波エコーのような器具でも飛蚊症を見てくれる病院であるし、眼内レンズを入れる場合日本で2ヶ所しか置いていないレンティスという最新のレンズを置いてあるし、硝子体手術もコンステレーションという最新の技術をもっています。)

山王台病院(茨城県)
(重度の飛蚊症で悩んでいて、こちらから頼めば手術をしない事を薦められながらも頼みこめばやってくれそうな病院です。)Q&Aの過去ログを見ると色々参考になります。



更に詳しく調べる

mixiコミュにて、TAKUROHさまがとても詳しく記事にしてくださっています。
↓この治療方法に興味のある方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧頂ければと思います
飛蚊症治療の為の硝子体手術に関連する眼内レンズについて


※2015年11月追記
ブログ宛に情報を頂きました。

北海道釧路にある高柳クリニックさんで飛蚊症の為の硝子体手術をしてくださるかもしれないとのことです。

詳細についてはわかりませんが、参考にして頂ければ幸いです。

ブログTOPへ戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

記事一覧
はじめに
飛蚊症を治療する方法一覧
飛蚊症レーザー治療を受ける
  ┠YAGレーザー治療の説明
  ┠品川クリニックで予約する
  ┃┠治療を受ける条件について
  ┃┠実際に治療を受ける
  ┃┠治療後のアフターケア
  ┃┗治療を受けたブログ主の感想
  ┠松原クリニックで治療を受ける
  ┗海外でレーザー治療を受ける
飛蚊症内服治療を受ける
硝子体手術による飛蚊症治療
手軽にできる飛蚊症の予防方法
  ┠眼を酸化させるブルーライトとは?
  ┗眼の為のサプリメント
眼に関する豆知識
  ┠ブラウザの背景色を変える
  ┠効き眼ってなに?
  ┗眼が疲れたら?

レーザー治療の費用を抑える
台湾でレーザー治療を受ける
  ┠台湾の眼科クリニック情報
  ┠パスポートを取得する
  ┠最安値の旅行プランを考える
  ┠通訳を雇う
  ┗現地での交通手段

飛蚊症治療法開発の為の署名



スポンサーページ
スポンサーページ2
スポンサーページ3
飛蚊症関連サイト一覧
スポンサーリンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。