スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療後のアフターケア

治療後の経過観察について

1回で治療が終了せず、日を改めて数回の追加治療が必要とされることもあります。
治療後は、定期的な経過検査を行います。品川近視クリニックでは、翌日・1週間・1ヶ月を目安に検査・診察を行っております。ただし、治療後の経過には個人差がありますので、上記以外にも受診を必要とする場合があります。
定期診察以降の診察について1回5,000円となります。

※わたしは滞在日程の関係で治療の当日に1回目の定期検診をしてもらうことができました。
(1回目の定期検診は、術後1時間~1時間半ほど間を空ければできるそうです)

定期検診は東京院以外のクリニックでもして頂けるそうです。


レーザー治療におけるその他の注意事項

・飛蚊症レーザーは原則、1日/片眼の治療になります。
・レーザー治療を受けた眼に再度追加照射をする場合は、最初の治療から1ヵ月後となります。
・飛蚊症レーザー治療の1ヵ月後から屈折矯正手術が可能です。
・屈折矯正手術後に飛蚊症レーザー治療を行う場合は手術後1ヶ月、白内障、フェイキックIOL手術後は3ヶ月間隔を空けてください。



ブログTOPへ戻る
スポンサーサイト

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

Secret

記事一覧
はじめに
飛蚊症を治療する方法一覧
飛蚊症レーザー治療を受ける
  ┠YAGレーザー治療の説明
  ┠品川クリニックで予約する
  ┃┠治療を受ける条件について
  ┃┠実際に治療を受ける
  ┃┠治療後のアフターケア
  ┃┗治療を受けたブログ主の感想
  ┠松原クリニックで治療を受ける
  ┗海外でレーザー治療を受ける
飛蚊症内服治療を受ける
硝子体手術による飛蚊症治療
手軽にできる飛蚊症の予防方法
  ┠眼を酸化させるブルーライトとは?
  ┗眼の為のサプリメント
眼に関する豆知識
  ┠ブラウザの背景色を変える
  ┠効き眼ってなに?
  ┗眼が疲れたら?

レーザー治療の費用を抑える
台湾でレーザー治療を受ける
  ┠台湾の眼科クリニック情報
  ┠パスポートを取得する
  ┠最安値の旅行プランを考える
  ┠通訳を雇う
  ┗現地での交通手段

飛蚊症治療法開発の為の署名



スポンサーページ
スポンサーページ2
スポンサーページ3
飛蚊症関連サイト一覧
スポンサーリンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。